Re:フルスロットルは年に10回!!! 木曽川でハゼ テナガエビ釣り。

木曽川でハゼやテナガエビ釣り、季節によって知多半島、尾鷲、敦賀・小浜方面へ遠征します。

根がかりし過ぎて、もうハリが1本という時に役立つテナガエビ釣りのポイント

  

根がかりし過ぎて、もうハリが1本という時に役立つテナガエビ釣りのポイント

天気:曇り
狙い:テナガエビ
エサ:テナガエビ!!
潮:満潮前後


今回は、ごろた石地帯を狙っていて、持ちハリが5本しか持っていってなくて
残り1本となって、あと10匹くらいは追加したいときに
狙えるポイントのご紹介です。

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain条件は。。

f:id:familyfishing:20150220194801g:plainなるべく風が無い時の方がよい。今回は多少あったけど、大丈夫でした。

f:id:familyfishing:20150220194801g:plain潮で高さが250~180cmのとき。

 

f:id:familyfishing:20150220194801g:plainおもりは丸い形や重いおもりは転がっていきやすいので、軽めのおもり。


さて、そのポイントは

ズバリ、木曽川左岸の国道1号線と国道23号線の中間地点より河口側。

f:id:familyfishing:20150621082906j:plain



写真のようなテトラがあるところ。
写真は分かりやすくするために川の水が引いたあとだけど、
平な部分にそっと置く。

目視でもテナガエビが確認できると思うのでそ~と
置くと、ある程度するとエサに興味を示して寄ってくるはずだ。

ごろた石地帯のように手長エビ20秒ルールはない。
ハサミで掴んで口に持っていたと思われる間隔で引き上げる。

これが、ハリ残り1本となったときの宿命だ。


自分以外にも同じような感じで狙っている人がいたので
その人のきっとこのあたりの「ぬし」に違いないと思うんだ。


f:id:familyfishing:20150625234144j:plain

 
エアーポンプで泥抜きしたテナガエビ。
塩もみして、氷で一気に締める。

f:id:familyfishing:20150625234143j:plain


片栗粉をまぶして、油がもったいないので素揚げではなくて
油で炒める。ビールとともに。



当ブログでは、愛知県と三重県の県境を流れる木曽川での ハゼやテナガエビの釣りブログを記事にしておりますが 木曽川ではその他にシーバスやクロダイなども釣れます。 下記のブログ村の人気ランキング55位くらいの 「木曽三川 ぶっこみ釣り!」なども大変参考になりますよ。↓
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村