Re:フルスロットルは年に10回!!! 木曽川でハゼ テナガエビ釣り。

木曽川でハゼやテナガエビ釣り、季節によって知多半島、尾鷲、敦賀・小浜方面へ遠征します。

先日釣ってきた小鮎の料理(煮付け、から揚げ、天ぷら)。

  

先日釣ってきた小鮎の料理(煮付け、から揚げ、天ぷら)。

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain 下ごしらえ


コアユは頭からそのまま食べれますと
よく言われていますが、
砂を飲み込んでいる可能性もありますので
私の場合は、内臓処理します。

あと、前回芹川で釣ってきたコアユの内臓処理をしてたら、
寄生虫が75匹中4匹いたので
やっぱりアレを見てしまうとね。

釣ってきたコアユは
水洗いして、汚れをとります。

腹側を包丁で切れ目を入れて内臓を取り出します。
100匹ありましたので、
1時間ほどかかっていまいました。

ちなみに大川のコアユからは寄生虫は0匹でした。

コアユのあの苦みがいいんじゃないかという
声を聞きますが、自分には無理です。


超高速、コアユの内臓処理↓

 


小鮎内臓処理(投稿).wmv



f:id:familyfishing:20150220194804g:plain コアユの煮付け


コアユというと甘露煮が有名ですが
甘過ぎるのはちょっとなので
甘さが大分控え目な煮付けをつくります。

f:id:familyfishing:20160709113024j:plain

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain コアユのから揚げ


から揚げは市販のから揚げ粉をまぶすだけのものを
使用しました。
家族にはから揚げが一番好評でした。

f:id:familyfishing:20160709113023j:plain

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain コアユの天ぷら


天ぷらは天ぷら粉にあらかじめ、
塩、コショウしておきました。

f:id:familyfishing:20160709113025j:plain

 



当ブログでは、愛知県と三重県の県境を流れる木曽川での
ハゼやテナガエビの釣りブログを記事にしておりますが
木曽川ではその他にシーバスやクロダイなども釣れます。

 2016年の今年は例年になく、暖かいため、テナガエビやハゼが
高活性というレポートのブロガーが目立ちます。
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村