Re:フルスロットルは年に10回!!!木曽川でハゼ テナガエビ釣り。

木曽川でハゼやテナガエビ釣り、季節によって知多半島、尾鷲、敦賀・小浜方面へ遠征します。

我が家のあの地域の魚、食べる食べない|境界の本意。

 ランキング↓   知多半島や名古屋港、師崎豊浜の最新の釣果情報
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

「みっぴ」っていつまで「釣りガール」って呼ばれるんやろうと思いながら、書き始めた記事です。。


f:id:familyfishing:20180826222733j:plain





[ 目次 ]

 

 

 

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain 食べる食べない境界

 

 

わたしが釣りに行く地域の範囲は、北は福井県、西は三重県の尾鷲あたり、南は伊良湖(乗合船が主)、そして、木曽三川、滋賀県の琵琶湖の河川といったところに固まりつつあります。

 

 

その釣ってきた魚を
我が家ではわたし自身が捌くところから料理まですべてすることになっています。

f:id:familyfishing:20180807204956j:plain





 

 

冒頭で釣りに行く地域が固まりつつと書きましたが、食卓に出し、その消費具合から川魚系は箸の進み具合が極端に悪い傾向があり、さらに〇〇〇港~〇〇あたりで釣ってきたお魚に対してもそれとなく分かる反応がありました。
〇〇〇港といっても広いですけどね。

f:id:familyfishing:20180831181324j:plain

(WEB出典:東海元浜ふ頭

 







ちなみに私は川魚系の手長エビ、コアユとも大好きです

f:id:familyfishing:20170807002232j:plain





ということで、いつしか私自身は赤の線の地域は避けて、釣りに行くようになりました。(最初は画像として作ったんですけど、ややこしくなるので公開は止めました)


f:id:familyfishing:20180824112952j:plain



 


釣りに行く目的の一つが、釣ったお魚を食べたい!という理由があります。

f:id:familyfishing:20180624185144j:plain




しばしば、どの地域のお魚であれば食べるとか、そういう話題になる時ありますよね。
海水魚は刺身ベース、汽水域~淡水魚は火を通すことを前提としています。

 

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain わたしなりの結論(あくまで個人の見解です!)

 


わたしは、親族以外からいただいた手作りお菓子や料理は、ほぼ食べない傾向があります、さらに家族が会社の人や友人からもらってきた「魚介類」、「野菜」、「料理」について産地や誰からといった情報をいちいち聞く、
ちょっと変わった人です!



私の過去の反省すべき行動↓
・ママ友からいただく惣菜や手作りお菓子、一切口にしない。
 (一部可の人いますw)
・海外のおみやげ、特に東アジアのものはゴ〇箱に〇〇る。
・とある年の2/14手作りチョコをもらったが、全く気にしていない人からだったのでゴ〇箱に〇〇た。
・自宅にヌカ床があり、おすそ分けする人が苦手。
・そのお魚、まわりまわってどこ経由??




現地でみんなで作る料理は大丈夫!でもバーベキュー等で持ち寄る手作り料理はNG
というとってもややこしい人なんです、私。


SNSの写真からその人の衛生的清潔度が分かる場合もある!?
キッチンが汚い

ゼッタイこの人、ガサツとか。。


参考URL↓

ameblo.jp


過去にトラウマがあるわけじゃないです、食アタリは人生上1回のみでそれは甘えびの刺身でした。


さて、わたしなりの結論です!


その釣ってきた魚、


ガッキーにコレおいしいから「食べてみて!」と提供できるのかー

 


ということです。


相手が〇〇〇港というところがどのような地域であるかを知っていた場合、当然差し出す神経を疑われますよね(想像)




要は、
家族にも友人にも自信を持って提供できる地域のお魚をと思っています。

f:id:familyfishing:20180822194937j:plain





f:id:familyfishing:20180720091007j:plain





結局、この記事で何が言いたかったかというと・・・



ガッキーが好きだ!
ではありません。

f:id:familyfishing:20170810092829j:plain

(WEB出典:cinemacafe



相手の周りの環境を確認してから、行動にうつした方が良いかも知れませんということです!
→言い換えるならば、自分の常識はみんなの常識かを自問してみる




例えば、その男性の妻がシェフや栄養士と知っていたなら、恐れ多くて、手作り料理(お菓子や総菜)をおすそ分けしようとも思いませんね。




食材というものは、体の中に入るものです。
安易に自分自身の価値観だけでおすすめするのはいけないと私自身思っています。

(って、この記事、誰に向けてなのか)
ちょうど3日ほど前、会社の人から手づくり〇〇もらったけど、ソレに対することではありませんからねー




うん!?結局、その境界は?

→明確にすることは止めました。ですのでタイトルも境界に本意を付加しました。
    手作りお菓子のことが言いたかったのか、魚のことが言いたかったのか。。。


 記事のおわりに愛知県と三重県の海水浴場の水質検査結果(2018年度)のリンクがあります。
ふん便性大腸菌群数」や「COD」の数値も出ていますので参考にされてはいかがでしょうか。

 


最後に、
目に見えているものが真実とは限らない


・温泉地に書かれている効能に根拠があるのか
・目の前にいる女性は、あの飲み会にいた品格のある綺麗な女性と同一人物なのだろうか
・澄んだキレイな海で釣った魚は確実に安全なのだろうか、近くの工場が無色透明な毒素を流し込んでいるかもしれない

 

 

f:id:familyfishing:20180429082241j:plain

 




 

 

f:id:familyfishing:20150220194804g:plain 参考記事

下記の記事がすべて正しいとは思わないけど、一理あると思います。

www.pref.aichi.jp



www.pref.mie.lg.jp




repobu.com

 

 

beinspiredglobal.com

 

 

www.sankei.com



 

当ブログでは、愛知県と三重県の県境を流れる木曽川での
ハゼやテナガエビの釣りブログを記事にしておりますが
木曽川ではその他にシーバスやクロダイなども釣れます。

木曽三川の釣果情報なら

愛知県・岬釣具店・釣具・活餌・手作り用品・オリジナルロッド・手作り竿・ハゼ・セイゴ・ウナギ・手長エビ

ランキング↓    知多半島や名古屋港、りんくうの最新の釣果情報
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村